《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。



《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2017/7/19

ダイエット中は
高タンパクの食べる事を心がけましょう!

どうして高タンパクの食べる事が
ダイエットに有効なのかというと…
筋肉を維持するためにタンパク質が必要となるからです。

タンパク質が不足すれば
筋肉量は減ってしまい代謝が低下します。
代謝を高く保ち、痩せやすいからだを維持するためには
筋肉量がとても重要なんです。

ダイエット中は食べる事制限により、
普段よりも栄養素が不足しがちになります。

本来、筋肉を生成・維持するために
不足してはいけないタンパク質も不足してしまうわけです。

タンパク質が不足することで筋肉が減少し、
基礎代謝の低下を招いてしまうので、
ダイエット中は、
高タンパクの食べる事が効果的となるのです。

ヨガやジョギングなどの運動を行っている場合は、
特にタンパク質の摂取には気をつけたいところです。

運動を行えば、筋肉が疲労します。
疲労した筋肉を元の状態に回復させるのも、
タンパク質の役割だからです。

これを無視してしまうと、
筋肉は回復ができずに減ってしまいます。

運動で筋肉を働かせたら、
しっかりと栄養を与えて回復させることは、
とても大切なことなんですよ。

運動で疲労した筋肉を回復させ、
筋肉をよい状態に保ち、代謝の高いからだを維持するためにも
ダイエット中は高タンパクの食べる事を心がけましょう。

高タンパクの食べる事を摂るには…
特に鶏のささ身は低カロリーで高タンパクなのでベストです。
ダイエットでは鶏肉と魚を中心とした食べる事を
食べるように心がけましょう。

食べる事だけではタンパク質が不足しがちになるので、
低カロリーでタンパク質が豊富なプロテインドリンクを活用すると
理想的な食べる事が摂れるようになりますよ!