《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。



《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2017/8/23

皆さん
こんにちは〜。

「低炭水化物ダイエット」ってかなり注目されていますし、
実践している人も多いみたいですね。

確かに過剰に炭水化物を摂取することは、
ダイエットにとっては、
決していい結果をもたらしてはくれません。

でも、
あまり極端に炭水化物の摂取をカットすることは
危険なんですよね。

特にわたくしたちの脳というのは、
ブドウ糖しかエネルギー源にすることができないといわれています。

ダイエット中は、
好きなおかしを我慢したりして、
よくイライラするという人がいますが…

もしかすると、
食事から炭水化物を極端にカットしたことで、
ブドウ糖が十分に脳にいきわたらずに、
イライラなどの感情を引き起こしていることも考えられるんですよね。

なので、炭水化物を適度にとることは
非常に大事なんです。

炭水化物については、もう一つ誤解があります。

それは、炭水化物として摂取したものは
すべて脂肪として貯蔵されるという誤解です。

確かに余分になった炭水化物については、
脂肪という形でからだの中に貯蔵されます。

しかし余らなければ、
脂肪として貯蔵されることはないんですよ!

特に体操をした直後は、
炭水化物が脂肪になることは少ないでしょう。

体操をした後に摂取された炭水化物については、
筋肉などに糖分という形で運ばれていくようです。

炭水化物を分解した糖分は
優先的に筋肉や肝臓に運ばれていくんだそうです。
体操によって失われた糖分を補給するためです。
ですから、なかなか余分が出てこないんです!

適度な体操をすれば、
脂肪という形で炭水化物が貯蔵されなくなるんです。

いくらダイエットとは言え、
炭水化物を目の敵にするのはよくないと思いますよ!

ニンニン