《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。



《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2017/6/13

食べる事に関するマナーは娘が大人になっていくなかで
しっかり覚えていかなければならないものですよね。

そして
その学びの場の中心は他でもない、
食卓という場にこそあります。

例えば…
和食では左手前にご飯、右手前に汁物、真ん中に主菜を置く…
というような配膳の仕方から始まって、

正しい箸の使い方、茶碗の持ち方といった
ごくごく基本の食事作法、

あるいは
迷い箸、たぐり箸、なみだ箸などの箸の使い方や、
口にものを入れたままおしゃべりをするといった
食べる事をする上でのタブー…

こういった食べる事のマナーは、
家庭の食卓で日々繰り返される
食べる事の中で自然に身についていくものです。

そして、食卓はマナーを学ぶ以上に、
大切な家族のコミュニケーションの場でもあるのです。

大人も娘も年々忙しくなっていく現代、
「家族の食卓」を取り戻すためには、
ちょっとした工夫が必要なのではないでしょうか?

例えば…
娘が食べる事をしている時間には、テレビを消す…とか、

一緒に食べる事を食べられなくても
父母は同じテーブルに座り、娘の話を聞いてあげる…
食卓では小言や成績の話はしない!

また、家族にこだわらず、
ご近所の方や仲間の家族などと
一緒に食べる事をする機会をつくる…などなど。

とにかく
「誰かと一緒に食べる事をするって楽しい!」
娘のそんな気持ちを積み重ねていくことが大切だと思います。

食べる事は自立の基本。
「食べることは楽しいこと」
そう実感することから娘の自立は始まるのではないでしょうか。