《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。



《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2017/7/10

今日は久々に筆が進みそうです。


ダイエットをしていると、
頑張ってもなかなか体重が減らなくなる、
停滞期というものに出くわします。

それまでは順調に体重が減っていたので、
どうしてもやる気が下がってきてしまうもんです。

ダイエットを失敗する大半の人がこの時期に、
自暴自棄になり、やけ食いをしてしまったり、
ダイエットを諦めてしまって、
せっかくの努力を水の泡にしてしまうんですよね。

でもね、
停滞期もいずれは終わるんですよ!
そして、また体重が減り始めるんです!
つまり、この時期をいかにして乗り切るかが
ダイエット成功への鍵となるわけなんですね!

停滞期を上手く乗り切るために、
オレは、何か楽しいことに没頭するようにしています。

ダイエット以外のことに没頭して、
停滞期のことを忘れることが出来れば
イライラせずに楽しく過ごせますよ!

停滞期が終わるのを何もせずに待っていると
まだかな、まだかな…と焦って、
1日1日が長く感じてしまいますからね。

もし何も没頭するものが無い、
見つからないというのであれば、
ファッション誌を見ることをお勧めします。

ダイエットに成功して、
痩せたらこんな服着たいなとか、
こんな髪型したいなとか、
想像するだけで楽しくなりますよ。

それに、
ダイエットに対するやる気も一段と強くなりますよ!

停滞期は、体質が痩せるための準備期間なんです。
停滞期があるからこそ、
健康的なダイエットができるんです。

この時期を乗り切れば、
ダイエットは次のステップに進みます。

停滞期を乗り切るコツは、決して諦めないことです。
ダイエットのことを忘れられるような、
没頭できることを探して、
上手に、楽しく停滞期を乗り切りましょうね!

・・・と、こんな事書いてみる